天球と紙片へようこそ

1.天球と紙片とは?

・天球体「セレスチャル・スコープ」の監視
・およびセレスチャル・スコープで発生した「紙片」を収集、研究
する結社です。
 『天球と紙片』の研究者・観測者は現在募集しておりません。しかし、紙片研究に参加することはできます。詳しくはJoin paper reserchを確認ください。
 ここ、リージョン:総合センターでは、現在までに収集した紙片を展示している「展示スペース」があります。こちらでは自由に閲覧が可能です。

2.紙片

  すべての物質は「紙片」という最小単位により構成されています。
 紙片とは、「媒体によらず、ある情報が書き込まれているもの」のことを指します。あなたが書いたレポートやメール、他の人のDNAも紙片に含まれています。『天球と紙片』では3.で説明する天球体から発生した紙片を中心に収集・研究をすすめ、他分野の研究やこれから出てくる技術へ貢献することが使命です。

3. 天球体「セレスチャル・スコープ」

  天球体「セレスチャル・スコープ」とは2.で述べた紙片が紙媒体の状態で出現する物体のことを指します。現在14カ所でこの天球体は確認できていますが、最初の天球体(2011)が発見されてからあまり経っていないため、天球体研究は発展途上な分野とも言えます。
 この天球体を監視・研究し、そこから得た結果を現代社会へ応用しより豊かな社会を目指すことも我々『天球と紙片』の使命です。